Archive of ‘未分類’ category

彼女の重荷になって振られました

高校生の頃、隣の駅にある女子高の1つ上の女の子と付き合っていました。

当時の私は、言葉は非常に古いですがデカダンスを決め込んでいて、「赤ん坊は泣きながら生まれてくる」「生きててごめんなさい」「人生は25歳まで」と、今から思えば限りなくファッションに近い「自己否定」人間で、そういう文章や詩を同人誌に発表して悦に入っていました。悦に入っていたというのは、今から思えばの話で、当時としてはある意味真剣ではありました。

1つ上の彼女とは、そういう同人誌の活動の中で知り合いました。彼女も詩を書いていて、向こうの女子高の同人誌に参加しており、学校をまたいだ読書会を何回かするうちに付き合いだしたのです。

私としては、初めての彼女だったので、どうふるまっていいのかよくわかりませんでしたが、少なくとも、「彼女は俺の自己否定的なところを評価してくれている」と思い込んでいて、もっと楽しい恋人生活を送ればいいものを、いつも暗く、重苦しいデートを重ねていました。

たいがいが、私が死についてのあこがれや、自己否定の話をし、彼女がそれを否定し直して明るいほうに励ましてくれる、という図式でした。今から思えば、そういう励ましてもらえるところに私は完全に甘えていたのでだと思います。そういう意味では、本当にエセデカダンスでした。

その彼女は女子高の付属の大学に推薦で上がり、私は高校3年になってそのまま付き合いを続けていましたが、高校3年の秋に振られました。それは電話で言われたのですが、

「自分がつらい時にも、励まさなくてはならなくて苦しかった」

と言われました。確かに17歳くらいの女の子が毎回、一方的に優しい慈母のように励ましたり、慰めたりするばかりで、自分にとって何の癒しもなければつらかったと思います。ですので振られたのは本当に当たり前の話で、当時の彼女に会えたら、心から謝りたいと思っています。

人の噂話に気をつけろ

噂話というのは怖いもので、自分の知らないところで一人歩きして、自分が聞いてほしくないと一番思っている人に一番嫌な形で入ってしまうものです。私の場合も彼女の悪口を笑いにする目的で身内ばかりの飲み会で話したら思わぬところから彼女にそれが漏れてしまい、喧嘩別れをしてしまいました。

話した内容は自分の中では些細なことで、夜寝相が悪くてイビキもうるさいという話でした。しかし彼女にとってみれば私だけに気を許したからこそ見せている姿で、それを他の人に知られるようなことをして欲しくなかったようです。サークルの飲み会で話したのですが、サークル内に彼女と同じゼミの子がいて、そこから漏れ伝わる形で彼女のゼミ内でも寝相とイビキの話が広がってしまったようです。

それ以前にも彼女の体重の話を一度身内のネタにしたのがばれてしまって怒られたことがあるのですが、それで反省もせずにまたやらかしたことにとうとう彼女の怒りが止まらなくなったようなのです。いくら謝ってももはや聞く耳を持ってもらえず、私もだんだん苛立ってきて、そんな些細なことで怒るなとうっかりと言ってしまいました。言ってしまってからやってしまった!と思ったのですが、もはや後の祭りです。あなたのそういう軽々しい、人のことを考えて発言しない態度が前々から気に食わなかったとどんどんエスカレートしていきます。お互い引き下がるに引き下がれないところまで行ってしまって、もはやどうしようもなくなってお別れとなりました。私には愛情がまだ残っていたのですが、彼女の方は一連の流れでもう私に愛想は尽きたようでその後連絡を取ると電話番号もアドレスも変えられてしまっていました。今でも後悔する一件ですね。

アラサーですが本気で結婚したいです

私は現在30代なのですが、結婚の話どころか彼氏もいません。かなり結婚に焦っていると思います。私が結婚に焦る理由は一番は子どもが欲しいからです。男性は妊娠にタイムリミットはありませんが、女性にはリミットがあります。25歳をすぎたころから卵子は急激に老化します。芸能人などで最近40歳を過ぎて出産した人も多く、高齢出産は簡単なように思っていましたが、実際は30歳を過ぎたくらいからかなり妊娠しづらくなるのだそうです。

そして周りで第二期結婚ラッシュが始まったのも理由です。一回目の結婚ラッシュは25歳の頃でした。その頃は同級生や友人がどんどん結婚していました。毎月誰かの結婚式に出席している状態で、旦那さんの隣で幸せそうに笑っている友人を見てはいいなぁと思っていました。当時はまだ彼氏もいてそこまで結婚に焦ってはいなかったのですが、最近は彼氏もいなくなったし、出会いがないしで厳しいです。本当に結婚したいです。

参考サイト 結婚したい!けど出会いがない人のための彼女彼氏の作り方ナビ

彼氏が出来ないのは辛すぎます。最近の結婚は後輩や長年付き合ってきた友人がようやく結婚というのが多いです。

彼氏がいたらここまで焦らなかったと思いますが、まず出会いがありません。習い事や合コンにも参加するのですが、やはりアラサーはかなり厳しい状況です。このままだと本当に一生結婚も出産もできないかもしれないと考えると本当に怖くなります。

もっと本気にならないと駄目なのかもしれないですね。

ダイエットや美ボディの大敵「セルライト」。

たかの友梨などエステ痩身などでもセルライト除去は施術してほしいメニューのひとつです。

セルライトとは、約9割の女性の体にあるといわれるています。見た目も凹凸していて良くないし、なんとか取り除きたいと常々思っています。

セルライトとは、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下などにより血行不良が起こり、老廃物が溜まります。脂肪細胞の中に老廃物が蓄積され、脂肪細胞が大きく成長し、脂肪同士や老廃物と絡み合ってセルライトとなります。

お尻や太ももの裏側など贅肉のつきやすい部分によくできています。このセルライトは、実際は見た目にはわからない状態でも自覚しない内にどんどん進行してしまい、一度できると解消するのが難しいといわれています。

自宅でできるセルライトの解消には、つま先から身体の中心部に向かってマッサージをするのがポイントです。

また、太ももやふくらはぎなど気になるセルライト部分は、つぶすようにマッサージするとさらに効果があると言われています。

結婚すると思っていた彼氏と別れました

付き合って五年です。将来は結婚をするだろうと、私は思っていたのです。五年も付き合って、お互いの事をよく知っているし理解もしています。それなのに、知らない事もあったのでした。

それが彼氏の夢だったのです。彼氏にはまだあきらめきれない夢があったのです。それは俳優になる事でした。

その夢の事は知っていました。でももう三十歳だし、諦めていたというのです。でもやはり諦めきれずにまた夢を追いかけたいというのです。

それを聞いて、私は結婚は無理だと思ったのです。俳優を夢見ているなんて、そんな夢みたいなことを言っている彼氏とはこれ以上付き合っていけません。

今までの五年間がとても無駄だったように思えてきます。ずっと彼氏中心の生活をしてきたのです。それが突然なくなったのです。なしになったのです。

でも私はもう三十歳になろうとしています。これから新しい彼氏を作るって、とても大変な事だと思うのです。それが私にはできるかわかりません。とても心配なのです。

価値観も趣味も、全部同じだったのです。結婚してもずっとうまくやっていけると思っていました。でも俳優を夢見る彼氏とは、うまくやっていけそうにありません。

今度は現実的な男性と付き合いたいです。

まずは一つ屋根の下実験から

どんなに大好きな人であろうと、どんなに気を許した人であろうと、恋人というものは他人です。

結婚するというのは、「一緒に暮らすこと」が大前提です。もちろん単身赴任なんかのケースもありますが

結婚したら同じ家で暮らすことになるのです。

恋人関係でお泊りや旅行なんかを経験すると「あれ、この人ってこんなんだったっけ?」と思うことがたびたびあるかと思います。結婚すればもっとです。「なんで、この人はこうなの?」と些細なことでもそう思うようになってしまうでしょう。

だからやっぱり結婚の前には同棲をしてチャレンジしてみるのが良いらしいです。

同棲して、嫌なところ(癖や性格を)まで知ってから結婚を考えるのも手だと思うんです。同棲したままずるずると結婚も嫌ですけど、やっぱり同棲期間って必要だと思います。

だって何も知らないまま結婚しちゃって後悔するほうが嫌ですよね。

だからあらかじめ他人と暮らすことの「練習」だと思って同居期間を結婚前には設けたいです。

それで嫌だったら部分があればちゃんと直してもらう。

そうじゃないと長い間の結婚生活なんて絶対に続きっこないですから。

楽しそう!って夢見るだけじゃなくて、その人と一生一緒に入れる方法を考えていきたいですね。