まずは一つ屋根の下実験から

どんなに大好きな人であろうと、どんなに気を許した人であろうと、恋人というものは他人です。

結婚するというのは、「一緒に暮らすこと」が大前提です。もちろん単身赴任なんかのケースもありますが

結婚したら同じ家で暮らすことになるのです。

恋人関係でお泊りや旅行なんかを経験すると「あれ、この人ってこんなんだったっけ?」と思うことがたびたびあるかと思います。結婚すればもっとです。「なんで、この人はこうなの?」と些細なことでもそう思うようになってしまうでしょう。

だからやっぱり結婚の前には同棲をしてチャレンジしてみるのが良いらしいです。

同棲して、嫌なところ(癖や性格を)まで知ってから結婚を考えるのも手だと思うんです。同棲したままずるずると結婚も嫌ですけど、やっぱり同棲期間って必要だと思います。

だって何も知らないまま結婚しちゃって後悔するほうが嫌ですよね。

だからあらかじめ他人と暮らすことの「練習」だと思って同居期間を結婚前には設けたいです。

それで嫌だったら部分があればちゃんと直してもらう。

そうじゃないと長い間の結婚生活なんて絶対に続きっこないですから。

楽しそう!って夢見るだけじゃなくて、その人と一生一緒に入れる方法を考えていきたいですね。

Comments are closed.